WiiUの周りのケーブルごちゃごちゃを激的に解消してくれるワイヤレスセンサーバーを買ってみた

WiiUよりWii派のKazuです。
やっぱりコントローラーより直感的に体を動かして操作するWiiのゲームソフトは優秀でございますね。部分的に体を動かす動作があるだけでゲームの楽しさが二倍、三倍に膨れ上がります!

ただこの場合、Wiiリモコンを使っての操作になるので必ずセンサーバーという変な機械が必要となります。ただこれって後で紹介するけど、ちょっと気に食わないこともあるわけですよ。そんなわけで本日はちょっとしたアクセサリーを紹介しましょう。

ワイヤレスのセンサーバーレビュー

センサーバーのケーブルが見た目に悪い

私が気に入らないのは、上の写真で見えているケーブルでございます。これ必ずテレビの上か下に置かないといけないわけで、更にそれはWiiやWiiUとケーブルで繋がっているのでございます。配置の仕方によっては写真のようにケーブルモロ見えのダサい設置になる。

しかもこれって「WiiUプレミアムセット」には同梱されていなく「WiiUファミリープレミアムセット」というワンランク上のものにしか入ってなく、ファミリーの方を買わなかった場合には別途買う必要もあるのでございます。でも視聴者の方より面白いものを提案してもらいました。

純正品じゃないワイヤレスセンサーバー 1300円

2014年1月現在だと、純正品のセンサーバーは値引きされ1100円で販売されておりますが、今回紹介するワイヤレスのセンサーバーは、送料込みで1300円。純正品に較べて200円高い程度で済みます。思った以上に安くてビックリだよ。

このワイヤレスセンサーバーは、WiiはもちろんWiiUの両方で使えるみたいです。更に言うなら純正品より赤外線のパワーが強く、ちょっと離れた場所からでもガンガンに使えるらしいですぞ。

単4電池4本で30時間使える

何で動くのかというと、単4電池を使うようです。ただ本数を多くなんと4本も使うみたい。やはり30時間使うにはこのくらいの本数が必要なんだね。ここはちょっとイマイチなポイントかも。ただ本数少なくする事もできただろうけど、そうなると連続使用時間が減るからこうなったんだろう。

USB有りの給電も可能だぞ

実はコレ、ケーブル有りにも対応しているのだ。USBの接続部はWiiUやWiiに実装されているのでそこに差し込めば電池入らずで使用する事も可能。また興味本位で試してみたんだけど次に紹介するような「大容量モバイルバッテリー」でも使えるようだ。これだと容量が1万mAhあるから、30時間以上は軽く持ちそう。

タイマーモードを選択できる

サイドに電源ボタンがあり、そこを押すことで電源をオン!そして更にボタンを押すと1時間、2時間で電源を切ることができるタイマーモードに切り替わる。

さっそくセットしてみた

ではいつもある純正のセンサーバーを取り去ってしまおう。ケーブルすらWiiUから抜いてしまえばいいようだ。どうもこのセンサーバーってWiiUから電源供給を受けて赤外線を出しているだけで、通信は何も行っていないようだ。

どうやら、Wiiリモコンの方で赤外線を判断してWiiUと通信を行っているみたいだよ。よって赤外線が出ていれば何でも使えるらしい。噂によるとろうそくの炎でもWiiリモコンで操作できるんだとか。

バリバリゲームできた!更に感度よし!

さて早速ゲームをやってみよう。うぉーーーー普通に操作できるやんけ!そして純正品ではないという事で操作に不具合がないか心配していたのだが、そんな心配一切いらない。むちゃくちゃ感度いいよこれ。

操作感だけで言うと、純正品同等、もしくはそれ以上ですね。操作性では何ら不満はございません・

イマイチなポイント

電池切れの可能性

ケーブル有りのものと較べての話ですが、ワイヤレスという事もあり操作中に電池が切れてしまう可能性は否定できません。また単4電池を使っての場合だとバッテリー容量が確認できないのでいつ電池が切れるのかわからない。

ただ対応策としては、モバイルバッテリーを使うことで、より長い時間使え、更にはバッテリー容量が表示できるモデルが多いので容量確認も容易です。ただしこの場合、接続のケーブルが見えちゃうから、本末転倒な感じもする。

赤外線が強すぎて他のリモコンが使えない!?

センサーバーからは赤外線がでておりそれをWiiリモコンが感知して角度や位置を測定しているわけでありますが、今回のセンサーバーは純正品に較べて驚くほど赤外線のパワーが強いのです。よって感度は純正品より高いといえるでしょう。

しかしその強すぎる赤外線が弊害をもたらします。なんと赤外線が強すぎてテレビ用のリモコンが一切効かなくなります。これはセンサーバーの位置も関係する可能性ありますが、私の部屋の環境では操作する事ができませんでした。不便ではありますが、ちょっと笑えますw

まとめ!純正品よりワイヤレスセンサーバーだわ

最後の方にイマイチなポイントも書かせていただきました。でもそれであってもメリットの方が大きい。よって私は純正品のセンサーバーを片付ける事にします。だって今まであの線のごちゃごちゃがが気になっていたのでそれがなくなるっての方が嬉しいよ。

何でも純正品が一番だと思ってましたが例外もあるみたいですね。任天堂さんも真似してワイヤレスのセンサーバーを純正品として売ればいいのに。最後まとめですがl,私のようにケーブルが気になっていた方は、購入する価値ありだと思います。

送料込みで1300円という値段。つまりビール3杯我慢すれば200円のお釣りが来る計算でございます。興味ございましたら下記ページより遊びに行ってみてくださいな。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

HOME

管理人

管理人 カズ

ゲーム専用のブログ作ってみました。基本的にはFPSが好き!ただこの2年か3年くらいはゲームから離れていたが、長い時を経て復活だ!

もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

カテゴリ

月別