簡単だった!PS4(プレステ4)のHDDをSSDに交換する方法

  •  2014/05/20
  •  PS4

PS4を持っているなら誰しもが一度は検討した事があるだろう(男なら検討すべきでしょ)。そんなわけで本日はあのプレステ4のHDDのSSD換装を行いたいと思います。

なぜわざわざSSDに換装するのかというと、あれですよ。読み込み速度の話ですよ。これってプレステ3でも同様にSSD化する事ができてPS3の方は激的に早くなったようです。ただプレステ4だとプレステ3ほど早くならないらしいですが、それでも私はやってみたい。という事で嫁に内緒でSSD購入してみました。

PS4のSSD交換方法

PS4で定評のある東芝製SSD 約4万円

今回購入したのは東芝のSSD。やっぱりいろいろ話を聞いてみると東芝製のやつは安定感があり読込み、書込みともボチボチの速度が出るらしい。また上記amazonのレビュー欄を見るとわかるけど、これを使ったプレステ4のSSD換装を行った人が多いって事で安心して使える事がわかる。

そして嬉しいのは、保証期間が3年ということ。たぶんこれプレステ4で使う時も保証効くよね。プレステ4ってのは、確か15分間のゲームプレイ映像を常に録画・削除をしているんだ。それのせいでSSDの寿命は縮まっていくわけ。

でもこの長期保証のおかげで、三年は安心を買える。ちょっと価格が高すぎる気はするけど、それでも欲しい人は欲しいんだよ。

USBフラッシュメモリにアップデートデータを保存

パソコンから、上記ページにいってアップデートの「システムソフトウェアの再インストール」って方をダウンロードしてくれ。そしてそれをUSBフラッシュメモリに入れるわけ。その時にフォルダ階層に注意して欲しいんだけど「PS4 > UPDATE > DLファイル」といった感じにしてちょ。

またこの時に大事なのが、この時に使うUSBフラッシュメモリをFAT32でフォーマットするってこと。これはWindowsとMacで方法が違うので、ちょっとぐぐってみてくれ。時間にして5分程度でできると思う。

ゲームデータをバックアップ

では先ほどのデータが入ったUSBフラッシュメモリをプレステ4に繋げて、ゲームデータのバックアップをとっておこう。この時のバックアップってのはゲームのセーブデータ。これは設定の方からバックアップメニューがあるので簡単にバックアップできる。

またゲームのセーブデータのバックアップという事なので、大して容量は必要としない。今回使うフラッシュメモリは1GBもあればお釣りが来るくらいだ。

プレステ4からHDDを取り出そう

ではさっそくSSD換装といきますか。ではまずプレステ4からHDDを取り出してくれ。取外し方法については先日の「PS4のHDD取外し方法」を参考にしてくれ。HDDを取り出したら横にあるネジを取り外してHDDをケースから取り出そう。

コネクタの向きに注意

SSDはぶっちゃけどっちが上でどっちが下かわからない。取り出したHDDをみて方向を合わせて先ほどのケースにいれ、ネジで固定しよう。あとは元通りに戻してフタをして完了だ。

セーフモードで起動!USBケーブルで接続

次にPS4の電源を入れてくれ。するとセーフモードで起動するはずだ。何もしなくてもセーフモードになるのだが、何も起こらなければ6秒、7秒と起動スイッチを押し続けてもセーフモードで起動できる。

あとは画面にもあるように、コントローラーとプレステ4をUSBケーブルで繋いでPSボタンを押してみよう。

USBフラッシュメモリを差し込んでアップデート

そして次に先ほどDLしたファイルを入れたUSBフラッシュメモリを差し込んでくれ。あとはOKすればアップデートが始まる。

アップデート完了キター!

時間にして3分ほどでしょうか。こんな感じでアップデート完了しました!もうこれでPS4は初期の購入した状態に戻ったはず。あとは最初の設定をちょこちょこと行うだけ。

ゲームソフトをDL

現在、まったくゲームが入ってない状態なのでさっそくゲームをダウンロードしてみよう。まずプレイステーションストアでサインインして前回DLしていたKNACKを選んで見るとちゃんとDLできるようになっている。

ゲームデータを本体にコピー

あとは設定の方から、USBフラッシュメモリにバックアップをしているデータをPS4にコピーして完了。本体へのコピーは先ほど同様、設定の方からできるようになっている。

SSD化してたぶん早くなった

もう多くの人がSSD化してどのくらい早くなったかBLOGなどでアップしているのでわかると思うが、たぶん私のやつも早くなったと思う。ただ目の前でどのくらい早くなったか見てみたいので、今度誰かのPS4を借りて実際に計測してみたいと思う。

まとめ!コスパ悪いが価値あり!

ハッキリいってPS4のSSD化はコスパが非常にわるい。というのも最低でもやっぱり500GBくらいのやつ使いたいから自然と価格が高くなっちゃうわけですよ。ただSSDになることで確実に早くはなる。

ただこの高速化にもう一台PS4を買えるお金を出したいか出したくないかは人によって意見の別れるところだね。ゲームが好きで少しでも高速化するためならお金を出せるって人は迷わずやればよし!これSSDに交換しても本体の保証はきくのでその辺は安心していいと思う。

よしこれから本格的にPS4をやり始めるとするかな。まずは何のソフトをDLしようかなぁ。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

HOME

管理人

管理人 カズ

ゲーム専用のブログ作ってみました。基本的にはFPSが好き!ただこの2年か3年くらいはゲームから離れていたが、長い時を経て復活だ!

もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

カテゴリ

月別