実家で発見!ゲームボーイアドバンスレビュー GAMEBOY ADVANCE

結婚式で使う写真を探しに、実家を大捜索したところなんと昔遊んだゲーム機が出てきた。その名もゲームボーイアドバンス!まさかこんなものが出てくるとは。しかもこれ動くではないか!では久々に遊んでみるとしようか。

ゲームボーイアドバンスレビュー

ゲームボーイアドバンス 約1000円

探してみると売ってるんですね。amazonにて安いものだと1000円台で販売されているようです。ただ正常に動くかどうかはしらないけど。当時の価格を調べてみると8800円。現代の携帯ゲーム機と比べるとけっこう安め。

このゲームボーイアドバンスが出た後には、自発光ディスプレイのゲームボーイアドバンスSPが販売されたりGAMEBOYミクロが販売されたりしました。ちなみにすべて所有してました。昔は相当なゲーム好きな少年だったので。

乾電池で駆動

最近のものは内蔵バッテリーを使ってますが昔のものは単三電池など電池タイプのものがほとんど。これはこれで使い勝手はよかったんだよな。バッテリーヘタっても交換簡単だし。

小型になったカートリッジ

GAMEBOY時代は、携帯ゲーム機のゲームソフトのカートリッジでもけっこう大きかった。でもこのADVANCEになってから半分くらいの大きさになったんだよな。しかもそれでいて画質が向上するなど当時は衝撃だった。

起動失敗パターン

これ懐かしい。ゲームボーイって起動失敗の時って写真のように本来「Nintendo」と書かれている部分がぐちゃぐちゃになるんだよ。それを何度も入れなおして正常に動くタイミングを探るわけ。それを考えると今のゲーム機は相当精度がよくなった。ちなみに次が成功パターン。

起動成功の表示

ほら「Nintendo」としっかり表示されているでしょ。これがゲームボーイの起動成功した時の表示なんですよ。本体が古かったり、ソフトが古かったりするとこれがなかなか正常に起動しないんだよな。

フルカラーだけど自発光なしのディスプレイ

これの一つ前がゲームボーイ カラーだった気がするけどカラーといっても表示できる色はホント少し。でもこのゲームボーイアドバンスからフルカラー表示になった。でもフルカラーとかいっても言うほど色の再現性はよくないけどね。

それでいても、この携帯ゲーム機でF-ZEROが遊べるとは当時けっこうすごい事だったんだ。あともう一つ液晶についていうと、初期のゲームボーイアドバンスは自発光なし。よって暗い場所でのゲームプレイは不可能。ちょっとが不便でした。

まとめ!これはこれで楽しい

久々にF-ZEROやってみたけど、思ったより楽しい。やっぱりゲームは画質がすべてじゃないんだな。だから今でもPS4とかではなく、気軽にできるスマホのゲームが売れているんでしょう。

まだ家さがしてみると何か出てきそうな気もする。昔バーチャルボーイなんてものも持ってたんだけど、あれ出てこないかな。超レアなゲーム機だからレビューしてみたいぜ。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

HOME

管理人

管理人 カズ

ゲーム専用のブログ作ってみました。基本的にはFPSが好き!ただこの2年か3年くらいはゲームから離れていたが、長い時を経て復活だ!

もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

カテゴリ

月別